個人とプロで

家中の水漏れが起こる原因について

日常生活において台所や洗面所での突然のみ水漏れの驚くことがあります。急に水があふれ床に浸水したように広がる水漏れを急いで、それをふいてまわります。そんな状況には原因があります。何十年と住んでいますとたまに故障を機にリフォームをすることがあります。各水回りは交換が必要なほど修理が必要なレベルになるからです。キッチンやお風呂場では多くは水栓やパイプ、ハンドルの交換が必要となっている可能性があります。部分的に給排水やお風呂まわりは補修や修理をすれば改善されます。水漏れを調べるには家中すべての水を使用されてない状態で水道メータが動いてるかどうかで知ることができます。どこかの蛇口で水漏れを起こしている可能性が高いようです。さらにその状態では水の無駄遣いになっています。

個人でできる水漏れの対策の作業

常に水が少しずつ止まらないというような水漏れが起こる台所にある排水口にはどうしても油汚れでの雑菌がたまりやすく、汚れの対処としても水道パイプが交換する時期に来ていることがあります。水漏れを止めるには原因となる個所の蛇口の交換が必要ですが、業者さんに頼んで適正価格でアフターサービス付で改善することができます。しかし、個人レベルである程度可能です。交換用の水栓パッキンや専用のプライヤーやドライバー、ピンセットが必要です。まずは止水栓を止めるといった注意が必要です。水道メータからの動きから調べることで場所がわかれば、どこかの水栓が摩耗していたり緩んでいるわけです。また老朽化したり破損を起こしています。水栓以外だとシンク下からや給水管や配管から水漏れが起きています。